【第5回】嫌なことを具体的に文字に起こせ

ども。凛 (@rinpnail)です。

 

カウンセリング記録の第5回です。

www.rinrinpoyo.com

今回はあまり内容はありません。

 

感情が爆発しそうになったらツボを押せ

私の今の課題。自傷行為の代わりにツボを押してみようということになっています。ま、無理だったんですけどね。つい最近もしっかり自傷しました。ツボ程度の痛さでは自分のストレス解消になりません。どうすればいいかもうわかりませーん( ゚Д゚)

ストレスを溜めないように生活することにストレスが溜まってしまい、ついやってしまいます。そりゃこんな生活を6,7年やっているのでなかなか癖は治りません。カウンセリングにっておきながらもう諦めの気持ちしかない…。

人間は成功体験がないと変われない

成功するためには行動が必要です。と思われがちですが、感情、身体、行動、環境、思考の5つの面すべてを頼ることが大切だそうです。大きな目標を1つ決め、そこにたどり着くための小さな目標をいくつも決め、それをこなしていくことが成功の近道です。地道にゆっくり近道せずにできた人が成功すると言っていました。

嫌なことは具体的に紙に文字に起こせ

今日の課題です。嫌なことがあったらなぜそれを嫌と思ったか、感情、身体、行動、環境、思考の5つの面から考えてくださいとのことです。書き方は潜在意識と顕在意識の考え両方を書き出します。潜在意識は「とにかくうざい」「とにかく嫌だった」「〇ね」とか。顕在意識は「これがこうであーだから嫌だった」のようになぜ嫌だったのかを書き出します。これがなかなかできないし、嫌なことを思い出したくもないので苦しいです。まだやってない。

 

まとめ

今回のカウンセリングは自分の思考を変えていくということが本格的に始まったので、苦しい、辛いが前面にでてきました。さらに病みそうです…。