MENU

でぶどりさん、久々にどハマりした漫画!!!

ども。ハトを見つけると追いかけてしまう凛(@rinpnail)です。

 

今日は皆さんご存知、「でぶどり」の紹介です。

でぶどりさんと出会ったきっかけはインスタでした。今年になったすぐくらいでした。普段めったにインスタを見ないのですが(そもそもSNS弱め)、検索一覧にたまたま載っていたのがでぶどりさんでした。私はSNSからバズる系の漫画には一切興味がなく、見たとしてもその人が描いた中の一つがお気に入り程度でした。しかし、このでぶどりさんは違いました。とにかく私のありとあらゆるツボを突っついてくるんですよ。なにかといいますと、

  1. 可愛い
  2. ゆるい
  3. ストーリーの展開が面白い
  4. たまにものすごく痛いところを突いてくる
  5. ゆるい中にちゃんと自己啓発がある
  6. 中の人も好き

の6点が、刺さりました。ただただ好きで、ファンです。毎日投稿されているので、その日の楽しみでもあるというのがわたしのモチベーションにもなっています。

 

可愛い

イラストがまるまるしていてむっちりしていてとても愛くるしいフォルムをしています。まるまると太った動物が大好きな私にとってこれは刺さる刺さる(もちろん焼いて食べませんよ)

私はでぶどりさんが好きです。性格も見た目も。

しかも、ここで出てくるキャラクターは当たり前ですが、全員鳥です。鳥をそんなまるまると可愛く描けることがまずすごいと思いました。しかも、このキャラクター達、一羽一羽個性がはっきりしていますし、時系列ありのストーリーは難しいですが、ほぼ短編なのでどこから読んでも分かりやすく面白いです。

 

www.instagram.com

ゆるい

ストーリーはすごくしっかりしています。しかし、イラストはゆるい。ゆるゆるです。可愛いです。このギャップに惹かれました。なんといっても推しのでぶどりさんのキャラがゆるい。絶対にぶれないあのキャラはなかなかいない。

 

ストーリーの展開が面白い

これはぜひ一度読んでみて体感してください。

ちなみに私はこのシーンがお気に入り。

 

www.instagram.com

このさらっと素が出る系ツボなんですよね。

ストーリーだけではなくあるあるシリーズもあるので、共感も得やすいのがポイントです。この新幹線でぶどりも可愛い。

 

www.instagram.com

たまにものすごく痛いところを突いてくる

後でも書きますが、ゆるい中でちゃんと自己啓発してるんですよね。なんとなくの隙間時間に読んでいると、ひよさんの正論が痛いくらいに刺さるんですよね。それでいつも「でぶどりさん読んでる場合じゃねぇ…」ってなるんです。私にとってひよさんは人生における師匠です。鳥ですけど。しかもヒヨコ。

www.instagram.com

 

ゆるい中にちゃんと自己啓発がある

上記でも言いましたが、ただストーリーが進むだけでなく仕事や生き方のヒントになるようなことやアドバイスがさりげなく含まれています。インスタにはthe☆自己啓発してますみたいな投稿で溢れていて、中には見ていてイタすぎる…というものもたくさんあります。ただ、このでぶどりさんは本当にさりげなく、しかも私たちに問いかけてるのではなく、ひよさんがでぶどりさんに言っているだけのシーンです。これがすごく自分に言われているように感じるんですよね。ゴリゴリに押し付けない感じかすごく心に響くんです。

 

中の人も好き

「でぶどり」の作者である橋本ナオキ (@Abhachi_Graphic)さん、この方のブログをたまたま読んだことがあり、でぶどりさんと繋がった時に感動した記録があります。でも、この瞬間にすべての記事を読みました。ブログを読んだからこそ言えるのが、この人だから「でぶどり」が描けるんだなということです。橋本さん自身もかなり行動派で、たくさんの知識を身につけようという意欲が強いというか、いろんな視点を持っているというか、うん、素敵(語彙はない)。特にこの記事は私のお気に入りです。

www.abhachi.com

これを読んだ時にこんな風に考えれば1万円だけで有意義に生産性のある使い方ができるなと感じました。改めてお金の使い方を見直したけらい良い影響を受けました。

 

このでぶどりさんは書籍で「会社員でぶどり」が発売しています。これも本当は発売した日に買いに行くと決めていろんな書店を回ったのですが、売っておらず…。kindle版が出た瞬間にポチりました。近いうちに書籍でも買います。

この「会社員でぶどり」は基本インスタやTwitterに上がっているものも収録されています。しかし、書籍でしか読めないストーリーもありました。本当にでぶどりが好きって方は絶対買うべしです!

 

では!