MENU

金輪際、親しくもない友達とは旅行しないと決めた話

ども。友達は少なめの凛(@rinpnail)です。

 

元々旅行をすること自体が得意じゃないインドア人間です。そんな私がなぜ仲も良くない上っ面の人間関係しか築けなかった方と得意じゃない旅行をしてしまったのか。

結論から言うと、妥協です。

今日は大学の卒業旅行という名だけで思い出を作ってしまった人間の末路を話します。

 

 

 

計画も曖昧なまま旅行するなよ

まず、3人で行きました。うち1人が「卒業旅行行こう!思い出!」と言ったのが事の発端でした。初めは台湾かハワイか海外でも近場にするという話でした。しかし、金なしの3人だったので結局国内に決まりました。それも3月になるかならないかで。(この地点で断ろうと思ったけどそんな勇気はなかった)

で、どこになったかというと新幹線で1時間の場所。日帰り?いいえ、2泊3日です☆

まあ、私がどうしても行きたかった水族館がある県だったので、なんとかモチベーションを保つことができました。結果論ですが。

場所も細かな計画も皆無なまま行ってしまったのがこの卒業旅行です。

 

そもそも旅行が得意じゃない

 冒頭に言った通り元々インドアな人間で、旅行なんて片手で足りるくらいしか行ったことがありません。今は昔に比べてインドアではなくなりましたが、当時は夏は暑いし冬は寒い、なんなら春は花粉症だから家からでないみたいなクソ生活を送っていましたからね。もっと言うと休みはゆっくり家で寝ていたいから一人がいいんです。おまけに前日になると「え、やっぱり行くのやめようかな」とよぎる人です。そんな人間が「よし、旅行しよう!」となるわけがないのです。

 

そもそも友達…?程度の仲

これがネックでした。2人のうちの1人は私を親友と言い切るほど自信があるようでして、うん、正直面倒でした。もう1人は暇をつぶせれば誰でもいい、自分が楽しければオッケーな人でした。(こっちとは卒業して1回しか会っていません。何も変わっていなかった)こればかりは性格的な問題なのでまだ許せるとしますが、本音で腹を割って話したことは一度もありません。それに、素で関わるとドン引きするような人たちだったので、私は友達とは言えないなという感じでした。

 

備えあれば憂いなし

何かといいますと、レンタカーを借りたのですが、見事に事故ってくれました。軽く壁に刷った程度で済んだのですが、しっかりお金は払いました。それだけならよかったのです。なんと保険に入らなかったのです。1人が「そんな保障にお金なんか払えないし、事故らんでしょww」と店員に言ったのです。そういう時に限って事故るんですよね。心の中で大爆笑でした。合計25000円ほどで、事故った人が多めに出すということになり、私ともう1人は6000円ほど出しました。私的には気にするような金額でもないし、だれも怪我しなかったしよかったと思っていました。しかし、けちな1人は「まじありえん、事故るとかありえん、お金もめちゃ払わないとあかんの?なえた」みたいなことをずっと言っていたのでそこからもう旅行はお葬式のような雰囲気で幕を閉じました。

 

これは経験値

私はこの旅行でまなんだのは、仲良くもない奴と旅行は金輪際しないということです。好きでもない人にお金を使うのはまだしも、時間を奪われるのは御免です。お金は経験値代だと思えば安いですからね。ただ時間は人間みな平等に与えられていますから、こんなどうでもいい人間と旅行をする3日間だったなら、家でこもって読書していたほうが余程有意義な時間です。

今まで人間と関わらなかった罰なんだなと痛感した旅行でしたが、いい経験値になりました。

こんなような苦い経験をした方がいればぜひ教えてください!

では!