MENU

自分ごとになった途端マイナス思考になる不思議

ども。プラス思考になりたい凛(@rinpnail)です。

 

今日もふと思ったことシリーズです。

こんな人周りにいませんか?自分がへこんでいるときは「大丈夫だよ!なんとかなる!」「そんな小さいことは気にするな!」と声をかけてくれる人。私は歪んだ性格なのでこう思うのです。「私からしたらとても重大な問題で気にせずに済むような問題じゃないし、もし自分が重大な問題にぶち当たったとき気にしない精神で乗り越えられるんか。お?お?」ってね。ここでふと思いました。「気にしない気にしない~」とバカにみたいに言葉にする人ほど、重大な問題にぶち当たったときくよくよへこへこしてとんでもなくマイナス思考になり顔にも露骨にでるんです。それってどうしてなのか軽く考えてみました。

 

結論から言おう

誰かに「気にしない、大丈夫」と声をかけることで相手に言っているようで実は自分に言い聞かせているんですよね。本物の「気にしない精神」を持っている人は一言で終わらせるようなことはしないと思うのです。多分ですが、その問題の解決策を案としてだしてくれます。多分だけど。

 

プラス思考を装うネガティブ人間

私の周りには有難いことにプラス思考な人が多いです。ですが、その中の大半が似非ポジティブなマイナス思考な人ばかりだと気づきました。プラス思考を装って明るくふるまうこともすごく難しいことだし、いいことだと思います。しかしですね、最初に話したように、いざ自分に重大な問題が降りかかってくるとこれでもかというくらいマイナス思考になり周りが手におえない状況にまでさせられるんですよね。つまり、迷惑なんですよね。私から言わせてもらえば。なぜなら普段は自分に言い聞かせるための「気にしない気にしない」を聞かされ、いざ問題が起こるとマイナス思考まっしぐら。そんな人とは正直かかわりたくありません。だったら最初から私のように「プラス思考になりたい」くらいの前置きで関わればいいと思うんです。まぁ、日本の教育では「明るく楽しく友達はたくさん作りましょう」なんてことを嫌ほど言われているのでみんな洗脳されているんですね。本当に仕方がないんですけど。

 

結局コミュニケーション能力が試される

これにつきます。相手の本質を知るにはコミュニケーション能力が必要です。うん、しんどいっす。一人が大好きで大人数どころか少人数でも嫌いな人間にとって一番の課題ですね。友達が極論いなくてもプラス思考になる方法やコミュニケーション能力を培う方法は探せばいくらでもあると確信するためにまだまだ考えていく必要がありますね。

 

未熟が故にポジティブったネガティブ人間に嫌気がさしているのでしょう。

では!