ダイエットが正義という生きづらい世界

世間の女子はダイエット、一方私はデブエットども。タイトル通りの凛(@rinpnail)です。


今日はただの雑記です。愚痴です。

 

何がって?タイトル通りですよ……

私、太らなきゃいけない身なのです。って言うと全国のダイエット女子に叩かれるの嫌だからあまり言いたくないですけど、太らなきゃいけないんですよ。

痩せるのなんて言ってしまえば簡単ですよ。私からしたらですけど。だって、食べなければいいのだから。でも逆に太るのって難しいよ!食べなきゃ行けないんだもん!!!


うん、こんな風に書くとやっぱり全国の女子に叩かれるのはすごく嫌なので、私の食の歴史(24年しかない)と体重をまとめます。

 

幼少期
  • とある95年の梅雨に2980gというなんとも何かの値段になりそうな数字で産まれる
  • 3歳頃までは保育所に行かずおうちで過ごしてたとある日、隠されていたチョコレートという魔のお菓子に魅せられヨダレを垂らしながら食べていたところを目撃される
  • それまでは母の手作り以外は食べたことがなかった模様
  • 4歳で引っ越しをしその地元で保育園に通うが、給食は親の作った料理じゃないし、量が多いので食べるのがとても苦しかった
  • そこくらいの記憶から食に対して悪いイメージしかない
  • なによりもお弁当デーや遠足が楽しみで仕方がなかった
小学生時代
  • 給食の量が馬鹿みたいに多く牛乳がクソマズいと体感する低学年時代
  • なにかの授業で給食か勉強かどちらが楽しいかを多数決を取る時間があり、見事に勉強に手を挙げたのは自分だけだった

小学校の時の最終体重は32キロくらい

 

中学生時代
  • 担任が熱血指導な先生で三年間給食を残すのは極悪のような指導をやたらされる
  • 当たり前だが、小学生の時と比べ食べなければいけない量は格段に増えている
  • 元々人より体が小さいので吐きそうに食べていた
  • この頃、家ではというと残すのは悪というのは学校と同じで、好き嫌いはそこまでなかったものの、お惣菜がでるたびに親が作った料理じゃないと食べたくないと親に文句を言う
  • 唯一親に文句を言えたのは料理のことくらいでした(これに関しては怒られないし、殴られないので)

中学校の最終体重は42キロ

高校生時代
  • 給食という地獄の制度がなくなり舞い上がる
  • この頃からご飯を食べないと怒られるようになる
  • お昼は手作りのサンドイッチ一切れのみで事足りたが周りからの「ダイエットしてるの?」や「それだけでよく生きてられるね!」という言葉にストレスを感じる

高校生の時の最終体重は47キロ(ほとんど筋肉だった)

大学生時代
  • 地元にいるストレスから解放され、したこともない外食に魅せられ人生初の50キロという数字を見る
  • 太ったという自覚はしてたが幸せだからオッケーと思っていたところ親に「デブ。そっちの生活ではさぞ贅沢に生きてるんだね。デブ」と言われ食べるのを辞めた

大学二年の時の体重は48キロ

  • 大学三年の時、バドミントンで足を怪我したことをきっかけに余計食べることの必要性を感じなくなる
  • ここから急に体重が落ち始める
  • 大学四年、就活がストレスでご飯を断つ。この頃から吐くようになった
  • この頃は体重が減ることに喜びを感じてた

この時約45キロ

  • 就活が終わった頃から大学唯一の友達にやたらとご飯に誘われるようになった(強制)

大学卒業後の体重は43キロ

  • この時、親に「食べんと痩せるぞ」と脅される
社会人

一年目の健康診断時の体重は40キロ

  • 午後から眠くなるのが嫌でお昼をあまり食べないように心がけるようになる
  • 2019年になり様々なストレスでご飯を食べられないどころか食べても吐くを繰り返す生活が6月上旬まで続く
  • ここでやっと現実を見なければと思いついに体重計に乗った。

現在38キロ。


ついでに言うと、人前で食事するのはすごく苦手です。食べている姿が醜いので見られたくないからです。

それと食べる幸せがわからないし、食べてる時間が勿体無いとも感じます。何を食べたいかも分からない。


そう、現在身長153センチの38キロです。

うちにはお風呂にすら全身鏡がなく、久々に友達の家でお風呂に入った時に自分の体を見るととても細くなった手足に寸胴な体が写っていたのです。

正直気持ちが悪かった。

だからせめて40キロに戻そうと決意したんですけども、辛いの言葉しかでてこない…

いくら食べても38キロから動かない、お相撲さんってこんな気持ちでご飯食べてるんだすげぇよ…。なんなら私、食べた分だけ太れる体質だったのに、今だってもらったお菓子は喜んで食べてるのに太らない!!!

7月中旬には40キロに戻すって目標にしたのにどうすればいいんだ、イライラする。

頑張るって決めた1週間はちゃんと食べれたのに急に食べるのが億劫になってしまった時はどうすればいいんだろうか…

なんて考えてるのも馬鹿らしくなるくらいに疲れました。

 


世間的にはダイエットするのが女子力と謳われていますが、それだけが正解ではないと思います。細いのが正義みたいになっていますが、自分の中の正義は他人に押し付けないでほしいです。これは見た目だけではないですけど。「私は元々人より小さくて細い」というのを嫌味と捉える女子が多いが故に生きづらい。「ダイエットなんてしたことない」を嫌味に感じられるような世の中に疲れますよ、私は(笑)

逆に「太りやすくてすぐに見た目にでてしまう」って言う人に「そんなことないよぉ〜(高音)」と言いつつもどこかで「自分がそんな体型じゃなくてよかったw」って女子もいるでしょうよ。どうして人と比べないと生きれない人がこんなにも多いんだろうか全く。

太っていようと痩せていようと、その醜い体型は自分が生み出した産物でしかないよと。それは私の今の体型にも言えることです。というか今私自身に言い聞かせてます。結局、努力して体型を維持するというのはダイエットもデブエットも同じだからこそ、お互いに高め合えるような世の中になってほしいものだし私がそうしていく。できるか知らないけど!

 


たまにネガティブな夜があってもいいじゃない。

今日はそんな愚痴と願望!


では!